UPDATE : 2019/06/03

子供を虫歯にしたくない!歯磨き後の虫歯予防

雪印ビーンスターク株式会社から発売している、赤ちゃんのためのオーラルケア商品『ハキラ』。この商品に配合されている「オーバルゲンDC」に、近年注目が集まっています。虫歯予防のカテゴリでキシリトールと並列的なこのオーバルゲンDCは、虫歯菌を減らし、歯垢形成の抑制に効果的であると研究結果で示されています。
今回は、『ハキラ』発売当時から研究に携わっている山村淳一研究員に、赤ちゃんが『ハキラ』を食べることで期待できる虫歯抑制の効果、研究から見えてきたオーバルゲンDCの有意性について伺いました。

虫歯の3大要因を『ハキラ』でブロック!

虫歯の3大要因を『ハキラ』でブロック!_その他

1歳半~2歳半の1年間が将来の歯の健康のために最も大切な期間と言われています。 虫歯が起こるには3つの要因があり、 1つ目は「歯があること」 2つ目は「虫歯菌があること」 最後に「糖があること」です。これらのいずれかが無ければ、虫歯にはなりません。2歳半まで虫歯菌が入ってこないような口内環境をつくってあげられれば、その後、他の善玉菌によって、虫歯菌が入ってこられなくなると言われています。 『ハキラ』、敷いてはオーバルゲンDCには、虫歯菌が歯の表面へ付着するのを抑制する効果があるため、歯磨き後に『ハキラ』を食べることで、歯を虫歯菌から守ることができ、食べ続けることで、虫歯になりにくい体質を作ることができます。

実験で証明されたオーバルゲンDCの有意性

実験で証明されたオーバルゲンDCの有意性_その他

2007年に行ったオーバルゲンDCの優位性を検証する実験では、オーバルゲンDCを配合した通常の『ハキラ』と、オーバルゲンDCを配合していない偽の『ハキラ』を用意し、2グループにそれらを伏せた状態で10日間、毎食後食べてもらい、そのbefore/afterで虫歯菌の数を測定しました。 結果は、オーバルゲンDCを含む通常の『ハキラ』を使用したグループの虫歯菌の数のみが下がり、これにより、虫歯予防におけるオーバルゲンDCの有意性が示されました。 この実験で得たことは大きく、10日間という短い日数でも確実に虫歯菌を減らすことができるということも示すことができました。

メカニズムから見たオーバルゲンDCの正体とは

メカニズムから見たオーバルゲンDCの正体とは_その他

虫歯菌の抑制に効果的であるとされるオーバルゲンDCですが、生成のメカニズムはとても単純です。 先に答えを言うと、オーバルゲンDCの正体は、虫歯菌を抑制する「抗体」です。 ニワトリに虫歯菌を注射すると、そのニワトリの血液中で虫歯菌に対する抗体ができます。次に、そのニワトリが卵を産むと、卵の黄身の中に虫歯菌の抗体が伝えられるというメカニズムになっています。 その抗体を含んだ卵黄素材が『ハキラ』に配合されるオーバルゲンDCであり、『ハキラ』を食べることで、そのオーバルゲンDCが口の中で溶け、直接効果を発揮するということになります。(上記の生成方法により『ハキラ』には微量のアレルギー物質が含まれます。卵アレルギーのあるお子様にはお控えください。)

『ハキラ』の正しい食べ方と注意点

『ハキラ』の正しい食べ方と注意点_その他

『ハキラ』は舐めることで、唾液に溶けたオーラルゲンDCが口全体に行き渡り、歯を守ります。ポリポリと噛んで、すぐに飲み込んでしまうと十分な効果を発揮することができないので注意してください。小さな赤ちゃんがもし誤って飲み込んでしまっても危険がないように『ハキラ』の形状はドーナツ型にしていますが、それでも心配な場合は半分に割っていただくことも可能です。 食べるタイミングに関しては、毎食後の歯磨き後がベスト。虫歯の要因である歯垢や食べかす、砂糖を綺麗に取り除いた後に、『ハキラ』を食べることが効果的です。また、寝る前であっても、『ハキラ』を食べた後は、“うがいをしない方が良い”です。これに関しては抵抗感を持つ親御さんが多くて、「私が食べたら甘かったので、こんなのを寝る前に食べさせちゃだめだ」というご意見もいただいたのですが、『ハキラ』には虫歯の原因となる砂糖等は一切使用していないので、全く問題はありません。

『ハキラ』を親子の歯磨き後の新習慣に

『ハキラ』を親子の歯磨き後の新習慣に_その他

赤ちゃんの虫歯菌は、親御さんとのスキンシップであったり、食事の際、同じスプーンを使うといったことから移ってしまうため、親子でケアしていくことが何よりも大切です。 歯磨きだけで賄えない口内環境のケア、歯磨きを嫌がる赤ちゃんのための歯磨き後のご褒美としても『ハキラ』をご利用いただけます。 また、『ハキラ』は奥歯の生えた赤ちゃんから大人の方まで食べていただけるタブレットです。 1歳半~2歳半の間に、しっかりと口内環境を整え、虫歯菌のケアを行なうことが重要ですが、それ以降でも充分に虫歯菌抑制の効果は期待できます。 これからも親子で楽しく、そして健康に過ごしていくためにもぜひ、歯磨き後のオーラルケアを実践してみてください。

近くの歯医者さんを探す

オススメの記事

  • 子供の虫歯予防、自宅でできる歯磨き方法などを小児歯科専門医に聞いてみた
    • 子供を虫歯にしたくない!vol.2 子供の歯を守るために自宅でできる虫歯予防とは?
    • UPDATE : 2019/06/10
  • 子供のお口ケアってどうしてる!?小児歯科専門医がお答えします
    • 子供を虫歯にしたくない!vol.3 虫歯予防の疑問を解決! 子育て中のママ×小児歯科専門医の対談質問会
    • UPDATE : 2019/07/02