UPDATE : 2016/01/27

お口ケアのプロ。歯の悩みは歯科衛生士にお任せ

デンタル・コンシェルジュでは、20代~50代の男女1000人の方を対象に「歯科医院」に関するアンケートを実施しました。その中で全体の約98%の方が「一度は歯科医院に行ったことがある」と答えています。皆さんは、歯科医院で働いている方が実際にどんなお仕事をされているのかご存知ですか?歯科医師が歯の治療をしてくれることは知っていても、その他の方の仕事内容や役割分担については知らないといった方も多いのではないでしょうか?今回は、歯科医院で働いている方の中でも特に「歯科衛生士」の仕事と役割について、ご紹介します。(調査協力:株式会社マクロミル)

歯科医院についての基礎知識!

歯科医院についての基礎知識!_その他

私たちがよく目にする「一般歯科」「矯正歯科」「小児歯科」「歯科口腔外科」の4科目は、医療法によって歯科の診療科目として掲げることが認められています。その他にも「審美歯科」「訪問歯科」「予防歯科」といった言葉も目にする機会が増えていて、得意分野や力を入れている治療など、歯科医院ごとの特徴をとらえやすくなってきましたね。
そんな歯科医院には一般的に「歯科医師」「歯科衛生士」「歯科技工士」といったプロフェッショナルと、受付や患者さんのサポートなどを担当する「歯科助手」が働いています。最近では、キッズルームを併設して「保育士」や「栄養士」が勤務しているような歯科医院もあります。

歯科衛生士になるためには

歯科衛生士になるためには_その他

歯科衛生士は歯科衛生士法に基づいた国家資格です。資格取得のためには国に指定された教育機関で3年間、臨床実習や必修科目の履修などが必要となります。歯科衛生士国家試験の受験者数はここ数年増加傾向にあり、結果として就業している歯科衛生士数も平成26年末時点で11万人を超えています。しかしながら全国の歯科医院の数に対する就業歯科衛生士の数は1医院あたり1.6人でしかなく、歯科医療の現場では歯科衛生士不足が問題となっています。ちなみに女性のイメージが強い歯科衛生士ですが、男女ともに資格取得は可能なんですよ。

歯科衛生士はお口ケアのプロフェッショナル

歯科衛生士はお口ケアのプロフェッショナル_その他

歯科衛生士の役割は大きく分けて3つあります。1つ目が「歯科予防処置」。人が歯を失う原因の多くが「歯周病」と「むし歯」です。「歯周病」を予防する為の歯垢(プラーク)や歯石の除去、「むし歯」を予防する為のフッ化物の塗布など、予防に関する処置を担当します。2つ目が「歯科診療補助」。歯科の診療は歯科医師だけで行うものではなく、「チーム医療」として役割分担されています。歯科衛生士は歯科医師の指示のもとに歯科治療の一部をサポートするだけではなく、コミュニケーションを図ることで患者さんの不安や緊張を和らげることも重要な役割です。

いろんな場所で、歯の健康を守るお手伝い!

いろんな場所で、歯の健康を守るお手伝い!_その他

そして3つ目が「歯科保健指導」です。「むし歯」や「歯周病」といった病気には、その人の生活習慣が大きく影響します。今はむし歯がない人や治療が終わったばかりの患者さんが、これからも健康な歯でいるためにも、正しいセルフケアの方法や生活指導を行います。例えば、妊婦さんに対しては自身の歯科健診だけではなく、出産後を見据えた赤ちゃんの歯磨き指導、高齢者に対しては噛む力や飲み込む力を強くする指導など、それぞれのライフステージにおいて大切で有効な指導を行っています。歯科医院の中だけではなく、指導のために保健所や介護施設、幼稚園、保育園、小学校へ定期的に出向く方も多く、「お口ケアのプロフェッショナル」として活躍の場はどんどん広がっています。

高齢化社会で、ますます高まる存在感!

高齢化社会で、ますます高まる存在感!_その他

国勢調査や総務省の発表などから4人に1人が高齢者(65歳以上)の日本。20年後には3人に1人が高齢者になると見込まれています。むし歯予防だけではなく、健康に長生きするためにも、口の中をキレイに保つことが重要です。歯が痛くなってから歯科医院に通うのではなく、定期的に歯(口)のクリーニングをして健康を維持していくことが当たり前になる時代がやってきます。予防で第一線を担う歯科衛生士は、今後ますます活躍の場が広がり、頼りになる存在となっていくでしょう。

皆さんもむし歯になって痛い思いをする前に、定期的に歯科医院に行って、「歯科衛生士さん」と一緒に健康なお口を維持してみませんか?

監修:北原 文子さん (エイチ・エムズコレクション)

監修:北原 文子さん (エイチ・エムズコレクション)_その他

歯科衛生士
歯科&美容プロデューサー
公衆衛生活動担当
コミュニケーションセミナー講師

日本大学歯学部附属歯科衛生学校卒業後、自費開業医に勤めながらエイチ・エムズコレクションに所属し、専務取締役を経て2004年に副社長に就任。国内外で、医療分野の人財育成や歯科医院コンサルなどでご活躍されています。全国の歯科衛生士学校や医療法人、歯科医師会などで多数講演されています。

スマイル・コンシェルジュTOPへ

オススメの記事

  • 子供の歯医者さん、どうやって選んでますか?
    • ママ(400人)に聞きました。 子供の歯医者さん、どうやって選んでますか?
    • UPDATE : 2015/05/21
  • 子供の矯正治療は小学校低学年からがおすすめ
    • 「矯正歯科」ってなに?(前半) 子供の矯正治療は小学校低学年からがおすすめ
    • UPDATE : 2015/09/16
  • 意外と知らない、キシリトールの落とし穴
    • キシリトールを選ぶべき理由 意外と知らない、キシリトールの落とし穴
    • UPDATE : 2015/11/25
  • 最新!大人の歯列矯正事情(前半)
    • 最新!大人の歯列矯正事情(前半) 見えない、隠せる、大人の矯正治療
    • UPDATE : 2016/01/27

環奈と一緒に学ぼう!お口ケア