UPDATE : 2015/09/16

子供の矯正治療は小学校低学年からがおすすめ

「歯並びが気になって思いっきり笑えない…」「目立つ金属を歯につけるのには抵抗が…」「期間やお金はいくらかかるんだろう?」「大切なイベントのときだけ取り外したりできないのかな」など、歯並びについての悩みをお持ちの方へ!技術の進化によって、歯並びを治す矯正歯科ではさまざまな治療法が増えています。でも詳しく知られていないのが現実です。そこで、あなたにぴったりの治療法と歯科医院を見つけるためのヒントをわかりやすく解説いたします!

「矯正=歯に金属を貼り付ける」はもう古い?

「矯正=歯に金属を貼り付ける」はもう古い?_その他

「歯の矯正」というと、金具を歯に貼り付けて、何年もかけてワイヤーで引っ張り続ける…というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。いかにも「矯正しています」という外見が嫌で治療を断念したり、器具の違和感やワイヤーの痛みで諦めてしまったり…という話も聞かれます。しかし今では子どもから大人まで、生活スタイルや予算にあわせてさまざまな方法を選べる時代になっているのです。目立たない透明な器具もあれば、歯をかたどった透明の着脱式マウスピース、他人が見ても全くわからないもの(!?)まで。これなら自分にあった治療法が見つかりそうですね。それに、歯並びが良くなれば歯磨きがしやすくなるメリットもあるので、一層自分の歯を長持ちさせることができそうです。

子どもの矯正治療は小学校低学年からがおすすめ

子どもの矯正治療は小学校低学年からがおすすめ_その他

「子どもの矯正は何歳からできるの?」「最も効果が出る時期は?」など、子どもの歯並びが気になるお母さまは多く、矯正を望まれる方も少なくありません。お子さまの矯正治療をするのであれば、乳歯が抜けて永久歯に生えかわり始めた、小学2~3年生頃にスタートするのが最も効果的。まず永久歯が生え揃う前にしっかり基礎治療【Ⅰ期】をしておき、永久歯列が完成する中学生くらいになったら仕上げ治療【Ⅱ期】に移行します。それぞれ1年~1年半にわたって、器具をつけたまま生活をすることになるので、毎日の歯みがきを上手にしなければなりません。歯並びがきれいになる前にむし歯になっては意味がないので、治療期間中は歯医者さんや歯科衛生士さんからのアドバイスをしっかり聞くことはもちろん、保護者の方のサポートも重要になってきます。

実は大人の矯正治療が増えています

実は大人の矯正治療が増えています_その他

「歯の矯正=子どものうちにすませなければいけない治療」というイメージを持っている方も多いのでは?確かに、同じ治療を受けるなら子どものうちに治療するのに越したことはありません。しかし、大人になってからでも決して遅くはないのです。むしろ「歯並びを治したい!」という強い意志をもって治療に望まれる大人は、歯医者さんのアドバイス通りにケアを実行し、定期的に通院できるため、効果が著しいというケースも。さまざまな治療法から選択できるというのも大人の特権です。生活習慣やライフイベント、予算にあわせて自分にぴったりな治療方法を提案してもらえることも嬉しいですね。

気になる費用や治療期間、通院頻度は?

気になる費用や治療期間、通院頻度は?_その他

具体的な内容についてはあまり知られていない矯正治療。一人ひとりの顔が違うように、歯やあごの形・噛み方が異なるためオーダーメイドの治療となります。よって、一概には言えないものの、「費用」「期間」「通院頻度」の目安は次のとおりです。まず、治療費は合計で80万円前後。治療法によっては100万円を超える場合もあります。医院によって、「総額固定制」と、「装置料+毎月の調節料」という2種類の支払い方法があります。分割払いやクレジットカードに対応している医院も多いので確認してみましょう。そして、治療期間の目安は1年半~2年間程度。歯の動きやすさは細胞の代謝によって変わるため、治療法や器具の違いによってスピードが早くなるというものではないのだとか。最後に、通院頻度は1~2か月に1度。定期的に通って調整してもらうことで、より確実に歯並びを整えることができます。

外見を美しくする以上の効果が!?まずは相談を

外見を美しくする以上の効果が!?まずは相談を_その他

矯正歯科治療は、外見の美しさを整えるだけのものと考える方も多いようです。でも、歯列矯正とは骨まで動かす治療。代官山矯正歯科の奥田先生によると、見た目以外にも大きな効果があるとのこと。治療が終わった結果、噛み合わせが良くなり万年頭痛が治ったという方もいらっしゃったそうです。また、「外見に悩んでいる」と来院したものの、診察してみると前歯で噛めない分だけ奥歯がすり減っていたことがわかり、歯を残すための治療を行うなど、「口の機能の悪化を防ぐために治療が必要になる」ケースも多いのだとか。加えて、歯並びが原因で「口が閉じにくい」ことも、痛みを伴わないため自覚しにくい症状とのこと。放置することで悪影響を及ぼす場合もあり、一度、「矯正歯科専門ドクター」のカウンセリングを受けるのがおすすめとのことです。

最新の矯正歯科事情についてご紹介しましたが、いかがでしたか?きれいに揃った歯並びを手に入れるにはそれなりの期間や費用がかかりますが、治療後に歯並びを気にせず笑顔になれるのだとしたら必ずしも高額な治療だと限定はできないでしょう。また、いつか治療しようと考えているのであれば、少しでも早く、1歳でも若いうちから始めた方が治療期間は短くなるようです。後半の記事では、治療法や歯科医院の選び方について詳しくご説明します。

関連記事

  • 歯並びを良くする方法が進化していた
    • 「矯正歯科」ってなに?(後半)
      歯並びを良くする方法が進化していた

奥田 薫之 先生

奥田 薫之 先生_その他

代官山矯正歯科 院長
日本矯正歯科学会 認定医
日本成人矯正歯科学会 認定医
国際裏側矯正歯科学会 認定医

代官山にある医院は、まるで隠れ家サロンのような落ち着いた雰囲気。医院には親子で通われる方も多く、治療後のお子さまに「毎日上手に磨けているね」と笑顔で誉めながら応援される様子が印象的でした。

近くの矯正専門の歯医者さんを探す

こちらの医院について

代官山矯正歯科

代官山矯正歯科

住所東京都渋谷区恵比寿西2-17-22アプリュスⅡ2F
電話番号050-5264-8288
診療科目矯正歯科

詳細

オススメの記事

  • ママ友の間で話題、子供の歯並び矯正
    • 治療すべき?わが子の歯並び ママ友の間で話題、子供の歯並び矯正
    • UPDATE : 2015/10/21
  • 最新!大人の歯列矯正事情(前半)
    • 最新!大人の歯列矯正事情(前半) 見えない、隠せる、大人の矯正治療
    • UPDATE : 2016/01/27
  • 歯科治療最前線、デジタル矯正治療って何?
    • メリットいっぱい!デジタル歯科治療 歯科治療最前線、デジタル矯正治療って何?
    • UPDATE : 2016/03/11

環奈と一緒に学ぼう!お口ケア